Haremani Earth Village

アースバッグ

秋のワークキャンプ開催中!

開催中のアースバッグ・ワークキャンプ、
主要メンバーが皆忙しかったことや、参加者も少なめだったことから
当初はスローペースでスタート。

次第に参加者も増え、3週目に入った今はちょうどいいペースで進行中。
今月いっぱい作業続行します。
作業を手伝って頂ける方、アースバッグに興味がある方
料理が得意な方、募集中です。

また、11月3日(祝)は秋のハレマニ・バザールを開催します。
アースバッグ・ワークキャンプから引き続きバザールの準備を行う予定です。

バザールの出店者、出演者募集。準備を手伝って頂ける方も募集中!

DSC_0115a

 

IMG_0049

IMG_0039

 

DSC_5178

DSC_5239

DSC_5245

DSC_5246

IMG_0045

DSC_0123

IMG_0093

DSC_0117

夏期ワークキャンプ無事終了

7/27~8/5まで、連日日照りと猛暑が続いた中、
今回も沢山の人が駆けつけてくれました。
昼の休憩を長くとって、朝のスタートを早めるなど、
熱さ対策に気をつけましたが、
やっぱり熱かった(汗)
でもその分熱いエネルギーが集まり
充実した日々に。
作業もはかどりました。

途中、トレッキングに行ったりピザ窯を作ったり、
楽しいことも盛り沢山でした。

DSCF5403

DSCF5580

DSCF5567

DSCF5585

DSCF5563

竹キッチンの屋根もついに竹仕立てになりました。

DSCF5564

 

夏のアースバッグ・ワークキャンプ開催します

二棟目 ハレマニ・アースバッグ建築 Workcamp

お待たせしました。
二棟目アースバッグ建築の続きをやっていきます。

一緒に作業することで、アースバッグ建築のスキルが身につきます。
今回もワークキャンプ形式で共同作業を行っていく予定です。

暑い時期なので、体調管理に気をつけながら
楽しい作業が出来るよう心がけたいと思います。

参加要綱

★日 程:2015年7月28日(火)〜8月5日頃

★開催地:ハレマニ•アースビレッジ in 岡山•吉備中央

★参加費:平日/無料

土日祝/ビギナー1日1000円 2日目は500円、3日目以降無料 *経験者は無料

★食 費:1食500円 (持ち込み可。4日以上作業に入れる方は無料)

★宿 泊:ドミトリー 1泊1500円 (食事3食つき)
素泊り1泊 500円 /テント泊 無料
※4日以上作業に入って頂ける方はワークエクスチェンジとして宿泊、食費を免除。
(なるべく食料持参/ドネーションお願いします)

★持参品:作業用手袋、長靴、カッパ、
寝袋、汚れてもいい作業着、底が厚い靴or地下足袋

※携帯電話の受信良好。

※公共交通機関は近くにありません。
車がない方は岡山駅~吉備高原リハビリセンター行(中鉄バス1日数便:アクセスページ参照)
にて、きびプラザ下車(送迎します)
もしくは、岡山駅~岡山空港行(中鉄バス)にて、
岡山空港から送迎します(片道1000円 ご負担ください)

◎滞在型スタッフ募集!(3食宿付き)
・ビルド隊/設備作り・基礎づくり・型枠、建具づくりなど・・)
・エプロン隊/ごはんづくり他(3名くらい)

ワークキャンプ終了しました

ハレマニドーム最新

約一ヶ月続いたワークキャンプ。
5月31日は今回のワークキャンプの最終日となるはずでした。

当初は6月10日頃まで作業を続行する予定もありましたが、
皆疲れもたまってきていることから、
大仕事のバザールを終えて一旦閉める方向で意見が一致しました。

そして当日、何事もなくバザールの後片付けを終えて解散、
それぞれが翌日からの予定を考え始めていました。

ところが・・・
その30分後、何の前触れもなく
彼がやってきたのです。
その名もトッシェ。
全国を歩いて旅していて、今回は四国から歩いてきたといいます。

ここでこの話の伏線が見えてきました。
以前、長野の友人シャイアンから、穂高養生園の建築を手がけて
今は全国を旅しているという元大工さんにハレマニのことを紹介しておいた、
と連絡をもらっていたのでした。

そして彼は現れたのでした。
ちょうどバザールとワークキャンプが終わった日に。

DSCF5309

ワークキャンプ第二部の始まり~

彼は私達を手伝いに来たといいます。
6月10日まで。

穂高養生園の建物はわざわざ見学に行ったくらい、
刺激的な建築物が多くあり、
それらを手がけてきた大工さんが、
ハレマニの建築を手伝いたいといってきてくれているのですから、
乗らない手はありません。

穂高養生園

というわけで延長決定。

一緒に手伝ってくれていた仲間たちも、思わぬ展開にうろたえつつ
ノウハウを学べるなら引き続き残ってくれることに。

翌日から早速、木の扱い方を中心に
トッシェさんの建築講座が始まることになりました。

彼は林業の経験も長く、チェーンソーの扱いや木の切り方、
皮のむき方、間伐材、生木の使い方、屋根の組み方など、経験豊富で的確です。
思ってもみなかった機会にワークキャンプ参加者も真剣。
近所でもらった間伐材を建材にして、
屋根を造るまでのやり方をひととおり教えてもらいました。
貴重な体験でした。

DSCF5187

DSCF5193

初めての伐採に緊張する参加者

DSCF5202

チェーンソーは目立てが命

DSCF5216

女子も挑戦

DSCF5226

みんなで20本切り出してきました

DSCF5232

皮むき

そして10日早朝、トッシェさんは私達の家族的存在である、

すみれさん(和気町)宅に向けて出発しました。

当初の予定通り、ワークキャンプ第二回は6月10日無事終了しました。
応援&手伝いに来てくれた沢山の皆様、

今回も最高の仲間に恵まれ
沢山の実りある日々となりました。
本当にありがとうございました。

 

通路部分も竹を使って屋根造り

通路部分も竹を使って屋根造り

DSCF5185

DSCF5287

DSCF5295DSCF5267

今回もごはんは盛り沢山。 料理隊長ユカチンが腕をふるってくれました。ありがとう。

今回もごはんはご馳走三昧。 料理隊長ユカチンが腕をふるってくれました。ありがとう。

町内施設で乗馬体験も

町内施設で乗馬体験も

カンパーイ! お疲れ様ー!

カンパーイ!
お疲れ様ー!

次回ワークキャンプ開催は、夏に10日程度、秋に長期の予定です。

ワークキャンプ進行中

期間中は忙しくてなかなか更新できず、フェイスブックの更新がやっとという状態。
今日も写真ばかりでごめんなさい。
でも毎日元気に楽しくやっています。
沢山の参加ありがとうございます。

5/30にはいよいよバザールの開催です。
建設中のアースバッグもそのまま会場として使われます。
豪華ゲストも有、ぜひ遊びに来て下さいネ!

Hirattyと共にやってきたかわいいティピ

Hirattyと共にやってきたかわいいティピ


ティピは毎夜バーと化した。

ティピは毎夜バーと化した。


作業は進む

作業は進む


ごはんおいしい

ごはんおいしい

みんなにっこり

みんなにっこり

夫婦でユンボ

夫婦でユンボ


女子では初の高所作業Yukimiちゃん

女子では初の高所作業Yukimiちゃん


お茶目な職人Hiratty

お茶目な職人Hiratty


がんばる女子たちと 見守る男子たち

がんばる女子たちと
見守る男子たち


でかした女子3連発

でかした女子3連発


環水平アークも出た

環水平アークも出た


DSCF5105
DSCF5109

アースバッグ・ハウス継続中

4/20よりワークキャンプによるアースバッグ建設を再開します。

11月の作業でメインドームは高さが地上2.3m位まで積み上がっています。また、キッチン部分は石組みが60Cmほど積み上がりました。

ここからは難しい部分が多くなります。

窓のアーチ、キッチン、連結部分、高所作業・・・etc.

知恵と力を合わせて、創造的な建物を作るための仲間募集中!

DSCF4629

ひとつめのドームは、現在外壁の塗り直しを行っています。

素材に西洋漆喰を使ったのですが、冬場の凍結でヒビが多数入り、そこに雨が侵入して劣化が進んだ模様。勉強になりますね。いろんな条件を加味して素材や作業次期なども選ぶ必要がありそう。

 DSCF4794

朗報なのは、土を上塗りした層は場所によって結構中の方まで脆くなっていたりするのに対し、躯体そのものは殆ど影響を受けていないということが分かったことです。

これからアースバッグを手がけたいと思っている人はその点安心してください。

アースバッグはタフです。

一方、外壁に関しては、まだ日本の気候風土にあって確立されたものがないので、

それぞれ試行錯誤の段階といえるでしょうか

DSCF4853

私たちは自然素材にこだわったのが、ちょっと裏目に出た形になりましたが、

リメイクして更にいいものが出来るに違いないと自分にいい聞かせながら

塗り塗りしているのでした。

この作業まだ続きます

助っ人歓迎。

二棟目第一弾ワークキャンプ終了しました/1st.Workcamp Finished

一ヶ月にわたるワークキャンプは天候にも恵まれ
バザール準備期間を含み殆どノンストップの作業が続きましたが、
11/29にて第一弾のワークキャンプを終了しました。

この期間、恵まれていたのは天候だけではなく、人材にもとても恵まれました。
本当にこれは有り難いことでした。
多すぎもせず少なすぎもせず、ちょうどいい人数、そしてそれぞれ粒揃い。
ひとりひとりが目に焼き付いています。

アースバッグの作業自体は決して楽ではないのですが、
やってよかったと感じるのは、そこに集まってくる人達の魅力や
自然に出来上がるチームプレイの美しさによるものも大きいのです。

このワークキャンプに関わってくれた、応援してくれたすべての人に感謝。

第二弾は来春3月下旬から(一ヶ月程度)の予定です。
建築過程では、はじめての試みも沢山含みます。

みなさんの応援と参加をお待ちしています。

Thanks to all the participated of this work camp.
Next time it is scheduled to begin in late March.
I am looking forward to the participation of everyone.

DSCF4603

最終日の作業

DSCF4613

バンのともだちベンと 、現場作業では紅一点なるちゃん

DSCF4595

VanのともだちMoくん(中)も参戦

お茶目なMoくん お仕置きポーズ

お茶目なMoくん
お仕置きポーズ

Vanくん日本語上手です

Vanくん日本語上手です

_IGP1830

人数が7~8人いると、二カ所同時積みも出来ます。
奥のミキシング作業は、地味ですが大事な役どころ。

DSCF4621

難しい箇所もノリノリでこなすムッシュ(手前右)とVan(奥左)

10377147_10152857592004244_3430663120291832067_n

ラストスパートでかなり進みました。

作業終了 お疲れ様でした

作業終了
お疲れ様でした

作業の後は おいしいゴハン 料理隊長ユカチン一ヶ月ありがとう!

作業の後はおいしいゴハン
料理隊長ユカチン一ヶ月ありがとう!

カンパーイ!

カンパーイ!
Santé!

 

 

今回のワークキャンプ参加メンバー(日数の多い人順)
This Workcamp Participant

Hiroshi(Miyazaki)
Gur Van(France)
Hira(Hiroshima)
Atsushi(Hokaido)
Aki.Nozawa(Oita)
Tokusan(Hiroshima)
Tomoki&Chika(Fukuoka)
Shu(Osaka)
Nico(France)
Max(Swiss)
Ben(America)
Mo(China)
Yoko(Okayama)
Naru(Okayama)
Takao Family(Okayama)
Mamigon(Okayama)
Nakayasu Family(Okayama)

and

Team Haremani
(Yuka,Monsieur,Tsubo,Aki
Takeshi,Hiron)

快調に進んでいます

最近アースバッグ現場ではフランス語が飛び交っています。
来てくれた外国人は3人ともフランス語圏から。

日本人ビルダーも来てくれて、作業がはかどりました。
おいしい料理も沢山。

DSCF4444

DSCF4474

3人の会話はフランス語。さっぱりわかりません。

DSCF4487 DSCF4497

DSCF4500

ハイペースで積んでます。

DSCF4451

近所の方からも、よく野菜などを頂いています。

DSCF4455

DSCF4463

ごはんのときは盛り上がるぜ。

DSCF4491

ヴァンくん料理の腕をふるってくれました。 ソバ粉で作るガレット、うまし。そして後ろのニコも料理の腕は負けてません。

DSCF4495

料理隊長ユカチンのごはんに胃袋つかまれた人も多いはず。

作業ばかりではありません。
紅葉も見に行きました。
_IGP1643

美しい紅葉です。

美しい紅葉です。

_IGP1699

_IGP1670

笑顔ですが腰引けてます。

_IGP1672

足元はこんなですから。

_IGP1711

やってます Earthbag workcamp

週末は天候が不安定でしたが、
ワークキャンプ続行中
DSCF4324

DSCF4317
今日は天気も良く、参加者も総勢10名に。
フランス人も2名参加。
DSCF4353

作業がはかどりました。
DSCF4356

DSCF4339

DSCF4346

 

DSCF4336

子連れでの作業ありがとう

DSCF4333

近所の人達は秋祭りに備えてしめ縄作り

DSCF4334

DSCF4322

作業の後はおいしいご飯が待ってます。

今日も食い過ぎたー

ワークキャンプに向けて準備中

アースバッグ建築のワークキャンプに向けて準備を進めています。
いま急ピッチで新たにキッチン小屋&ダイニング小屋を制作中。

DSCF4265

以前の建築期間中に使われていた仮キッチン&ダイニングは、
一緒に場作りを進めているデイサービス
はなやの女将Sayokoさんが所有する建物で、
現在プロの大工さん達によってリニューアル工事中。
彼女の夢のサロンが出来つつあります。

さすがにプロの仕事は早くて綺麗です。
かたや私達の原始的手作り建築とは対照的。

昔は役場や病院、商店などが並び、栄えていたこの地域を
もう一度蘇らせる夢を一緒にかなえようと
ハレマニプロジェクトははじまりました。
Sayokoさんの夢は自給できる畑を作り
加工品などを作ったり、ニワトリを飼ったり
老若男女が集うサロンをひらいて
みんなが交流してつながる場所をつくること。

私たちは建物も手作りで、
街と田舎、人と自然が循環してつながり、
ひろがる場所づくりを目指しています。
考え方や、やり方に違いはありますが、
見ている方向は一緒です。

DSCF4274

いま私達が作っているキッチン&ダイニング小屋は、
増えすぎて困っている竹を多用しています。

来週から始めるアースバッグ建築では
どこにでもある土を使います。
身近にある土や竹を有効利用したいという発想を
ない知恵絞って悪戦苦闘しながら
ど素人の私達がチャレンジしています。

DSCF4267

今後のハレマニ、
そしてドーム横の「サロン・ド・そよ風」

完成をお楽しみに

ワークキャンプの参加者募集中です!

晴れの国 おかやま
吉備高原

ハレマニ・アースビレッジ
住所:岡山県加賀郡吉備中央町高谷561-1
代表:愛甲タケシ・ひろん
Mail:viva@haremani.com

お問い合わせフォーム

2017年10月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

  今後の展開予定

 ・カフェ&手作り商品Shop
 ・ライブ、バザール
 ・ワークショップ
 ・アースバッグ建築
 ・竹建築
 ・パーマカルチャー
 ・焼き物、タイル
 ・加工品販売
 ・炭焼き
 ・草木染め
 ・エネルギー自給
 ・自然農
     etc..